クレジットカード比較おすすめ大辞典

クレジットカードとは

クレジットカードとは、その場で現金支払いをせずカードの提示によって商品・サービス代金を購入でき、後にカード利用者に商品・サービス代金の請求がきて支払いをするという後払いができるカードです。この為、前払いのプリペイドカードやすぐに一括支払いをするデビットカードとは異なりクレジットカードの申し込みの際には審査が行われます。

クレジットカードには、磁気のものとICのものがありICで購入手続きを行った際には署名に加えて暗証番号の入力があります。

クレジットカード利用の流れとしては、商品・サービス購入の際にカード利用者はカード加盟店でクレジットカードを提示します。カードを提示し支払いを受けたカード加盟店は、商品・サービス代金の伝票を加盟店を管理する管理会社に伝え、管理会社は、商品・サービス代金から手数料を除いた金額をカード加盟店へ支払い、加盟店の管理会社は取引した情報をカード会社へ送ります。カード会社は商品・サービス代金をカード利用者に請求し、カード利用者は、商品・サービス代金をカード会社へ支払います。その後カード会社は、カード利用者から支払われた代金からカード利用者の紹介手数料を差し引き、その金額を加盟店管理会社へ支払うという流れです。

カード利用者はカードの使用の際に、カード会社へ信用照会という審査が毎回行われます。その際にカードの使用期限が切れている、限度額が超えている、支払いが遅れているなどの時にはカードの使用はできなくなります。通常日本では、基本的にカードでの一括払いであっても現金払いであってもカード利用者に請求される金額は同じになりますが、デンマークやイギリス、スウェーデン、オーストラリア、オランダの他国ではカードの取り扱い手数料を上乗せして請求することが認められています。また、アメリカではカード会社会社は銀行でなければならない為、通常の銀行のような窓口や預金、貸付などを行わないクレジットカード専門の銀行が多数存在しています。

クレジットカードの選び方

クレジットカードは今現在利用シーンも増えていて、小さな金額でも使いやすく進化しています。スーパーマーケットなどでのクレジットカード利用の際、サインをすることもなくなり、また様々なところで使えるポイントが貯められるようになったり、公共料金やコンビニでのクレジットカード利用もできるようになっています。

クレジットカードを申込む際のポイントとしては、今現在いろいろな種類のクレジットカードがある中自分がどこでクレジットカードを利用することが多いか、クレジットカードにどんなサービスを求めるのか、貯めたポイントを何に使えるかはクレジットカード会社それぞれですのでそのポイントをどこで使えるか、何に交換できるのか、そのポイントの還元率の比較などと人それぞれ重要視するところが異なってきます。何枚もいろいろなカードを持つのも一つの手だと思いますが、たくさんの種類のカードを持っていてもそれぞれの場所でしっかり使い分けができなかったり、ポイントも分散してしまうためなかなかポイントが貯まらなかったりなど問題もでてきます。

様々なクレジットカードのサービスがある中で重要な比較ポイントは、クレジットカードにかかる毎年の年会費、ポイントの還元率、そのクレジットカード独自のサービス内容、クレジットカードにかかる保障、クレジットカードに入会した際の入会時特典などです。最終的にはクレジットカードを使う本人がポイントを重視するのか、サービス内容を重視するのかで決まってきます。

そこでおすすめなのが日本最大級の比較サイトであるクレジットカードおすすめ比較を使って自分に合ったクレジットカードを探す方法です!このサイトでは最新のクレジットカードを1枚づつ解説を踏まえて紹介していますので、分かりやすく比較検討することができます。今まで「クレジットカードを持ったけどいまいちお得を感じられない。。」という方は是非参考にしてください。