クレジットカードの不正利用

クレジットカードが普及している今、紛失や盗難などからクレジットカードを不正に利用されることが多くなってきています。今年のクレジットカードの不正利用件数と被害総額は去年に比べると減少していますがまだまだ不正利用は多く、誰もが巻き込まれる可能性があります。自分自身が気をつけていても自分の知らないところで不正利用されていることもあります。

不正利用とは、ネットショッピングが気軽にできるようになった今ネットを通じてクレジットカードを利用しそれがなんらかのウイルスによって外に漏れてしまったりする情報の漏洩、クレジットカードを利用したお店でクレジットカードの情報を抜き取られ同じクレジットカードを作成されてしまうスキミング、そしてクレジットカードの盗難の三つの不正利用が主にあげられます。

情報の漏洩はウイルスが原因でネットを通じて外部に漏れるだけでなく、利用したお店の社員が個人情報を持ち出したり外部の人間が個人情報をのぞき見れるようになっていたりなどの原因もあります。ネットが普及されている今ネットでのショッピングも気をつけなければなりません。

スキミングの不正利用はクレジットカード内の個人情報をスキマーと呼ばれる機械で読み取られ自分が気づかないうちに情報を盗まれ利用されてから気づくことが多いです。海外でのクレジットカード使用でスキミングされることが多かったのですが、最近では国内でも被害が増えているのでクレジットカードを使用するお店などを考えることも必要です。